検索
Close this search box.

物理療法

1939 年に、英国の科学者は、高周波の作用下でのコンデンサの抵抗が誘電効果を生み出す可能性があることを発見しました。 人間の組織自体には異なる静電容量と抵抗特性があり、人間の組織における高周波電流の熱効果は、血液とリンパの循環を促進します。 加速された血液循環は、栄養素の入力を促進し、局所温度を調節します。 加速されたリンパ循環は、リンパドレナージを促進し、老廃物や余分な水分を取り除きます。

衝撃波療法

それは、比較的新しい治療法です。 衝撃波は、物理学と医学を組み合わせた新しい技術です。 通常、整形外科疾患の治療に用いられます。 一連の生物学的効果は、慢性炎症の軽減、痛みの緩和などの役割を果たすことができます。現在、身体に大きな損傷を与えることはなく、低侵襲治療に属しています。

新しい衝撃波物理治療機器のアップグレード版が痛み軽減に効果的
1

CET & RET

これは非侵襲的な「ジアテルミー療法」であり、医療分野で最も理想的な 470KHz 周波数の 350W 高出力高周波技術を使用し、CET&RET 熱エネルギー伝導モードと組み合わせます 。(CET プローブは皮下組織と筋膜層を対象としています。 RETプローブの侵入深さは80mmに達し、主に内臓脂肪と筋骨格を対象としています)。局所組織分子が強い共鳴回転と摩擦を発生させ、それによって体内に「深部熱源熱」を発生させ、体温を物理的に上昇させ、人工的に身体に「熱」を生み出します。

Before & After

Diet &Beauty 2023

邀请函

BOOTH NO..1-177
Date: Sept 25th-27th,2023
lt would be great pleasure to meet you at the exhibition